[Product] 久美浜牡蠣のアヒージョ

丹後の久美浜で養殖された牡蠣を使用した、贅沢なアヒージョ 

塩分濃度の低い久美浜湾で育つ牡蠣は、 あっさりした女性的な味わいが特徴です。

 

”久美浜湾の牡蠣養殖を継承したい”

 生産者の「豊島 敦」さんは、海外留学の経験がある、英語が堪能な若手漁師です。

 「久美浜湾の牡蠣養殖を後世まで残したい」 という想いのもと、牡蠣やトリガイの養殖を中心とした漁をされています。 

 また、民宿の経営もされており、外国人の方向けに、民宿に短期滞在しながら牡蠣の養殖を体験するという ユニークなプログラムを提供されるなど、新たな漁業のあり方にもチャレンジされています。

豊島さんの育てたあっさりした味わいの牡蠣は、身がプリプリでいくらでも食べれてしまいます。

 バゲットにのせて、牡蠣の食感を楽しんでも良し、白ワインをお供にそのまま一口で食べても良し。 

牡蠣の旨味が溶け出したオイルは、夢中になって、残さず全部飲みたくなるほどの美味しさです。 

 海の京都、丹後久美浜の海の香りを、ちょっぴり贅沢な晩酌のお供にどうぞ。 

【原材料】 牡蠣(久美浜 豊島さん)、オリーブ油、にんにく(国産)、食塩、赤唐辛子、ローズマリー 

【価格】 800円(税込)

丹後バル/tangobar

「tangobar」は、「海の京都」と呼ばれる、京都府北部「丹後」地域の食の情報を発信するブランドです。

0コメント

  • 1000 / 1000